isybussバス釣り日記

今のところバス釣り日誌です。2020年3月にサウザー395(中古)購入後、主にボート釣行記やエレキ/リチウム電池使用(リチビー60Ah・エヴォテックSE-12100)使用記録など

亀山ダム(亀山湖)釣行 2011/10/10 5本 MAX30cm

日時 : 2011/10/10(月) 6:30~16:30
釣果 : バス5本 Max30cm バラシ2本
天気 : 晴れ時々曇り
気温:16~24℃/ 水温20.5~22.5℃ /風:0~5m/s
場所:亀山湖/レンタルボート:トキタ/ボート種類:ローボート12
今日は朝6時頃にボート屋に到着する。先客は10台以上がすでに準備中でした。

 

水位は満水、透明度は比較的良い場所が1m程度で長崎に行くと濁りが入り、ボートのペラが回りかき混ぜるとド茶濁りになっていました。上流部は途中までしか行きませんでしたが、浮き草やゴミが多いようでした。
<10月10日の釣行ルート> 
先週のプラでは、おりきさわボートの上流がフィーディングが多く朝はフィーディング狙いで直ぐに500~600gが2本釣れました。NSで追って来るバスを見ていると40UPも居るようでした。
更に上流のプールまで行くと浮き草とゴミが多く釣り難かった。サイトでバスを探したが見付らず、5日のトーナメントでは折木沢ボート周辺から入る計画でしたが、大雨のためキャンセルしました。

 

ディープでは本湖で2本、のむらボート桟橋で2本釣りましたが、サイズは300~400でした。

 

しかし、数日前の大雨で上流は濁りが入ってしまったようなので、今日は本湖周辺でディープをメインに組み立てました。

 

トキタボートを出て魚探を見ながらトキタ岬、水中島をチェックする。水中島付近をディープクランクで流そうとしたが、水産センター対岸のインレットが大きな音を発てて水が流れていたので、シャッドからスタートしました。しかし、アタリ無し。
オーバーハング下をNSで流しながら移動する。

 

水中島の水深3~7mをDSでドラッキングするが反応無し。先週はDSを水中島に通すとアタリがありDSをスイミングさせて釣りましたが、今日はアタリ無しでした。

 

トキタ岬の5~7mでアタリが2・3回ありました。しばらく粘り水深6mぐらいのストラクチャーで 絡ませて本日1本目28cmぐらいをGETする。

 

じいさんワンド入り口でアタリが多く25cmと30cmを2本GETする。1本バラして移動する。

 

まどか岬から野村ボート桟橋までの水深5~7mをドラッキングすると野村ボート桟橋よりの水深6mで25cmぐらいを釣る。その後もアタリがあるが乗らない。また1本バラして移動する。

 

白鳥島の水深4~5mをドラッキングすると、ここでもアタリがあるがフッキングしない。
多分、コバスに遊ばれているような感じでした。

 

白鳥島と岩の上島とツボリトのデルタ地帯にベイトの群れが多くフィーディングが起こっていたので、NSとメタルジグでフィーディング狙いをするが、派手なフィーディングは無く全く釣れませんでした。

 

医院下方面は浮き草が多く釣り難そうな感じなので行きませんでした。

 

長崎のディープフラットを流すが、エレキの水流が起こると濁りが上がって来るような感じでアタリ無しでした。

 

白鳥島に戻り水深4~7mをドラッキングする。アタリはあるが釣れない。
野村ボート桟橋に戻り、DSでドラッキングするがアタリがあるが乗らない。

 

じいさんワンド入り口をDSで流し、本日4本目22cmをGETする。

 

本湖に戻り、林道下から屋敷跡などを流しながら松下ボートの押込橋でコバスを1本追加する。

 

中ノ島でDSからSSに変更して立ち木周りをチェックするがアタリ無し。

 

水上ステージ跡をDSでチェックすると水深4mぐらいでアタリが連発するがバイト無し。
トキタ岬でも水深7mぐらいには魚探にフィッシュマークがでるがバイト無しでした。

 

夕方になるとトキタボート対岸にベイトの群れが表層に浮いてライズが始まった。
しかし、フィーディングは起こらずTheENDでした。
■本日終了
今日はDS(レッグワーム)のみの釣果でした。
アタリは多いが釣れない状況で、もうひとつ工夫が必要ですが今回は答えが分かりませんでした。

 

アタリは多いが乗らない。スッポ抜けばかりでした。

写真-1 本日の釣果
イメージ 1

 

図-1 釣行ルートイメージ図
イメージ 2