isybussバス釣り日記

今のところバス釣り日誌です。2020年3月にサウザー395(中古)購入後、主にボート釣行記やエレキ/リチウム電池使用(リチビー60Ah・エヴォテックSE-12100)使用記録など

亀山ダム釣行 2009/ 1/17 1本 24cm

釣果:バス1本 24cm(バラシ1本) DS1本

 

日時:2009/ 1/17(土) 8:00~16:00
天気:晴れ
気温:-1~10℃/水温:7.0~8.2℃/風:0~3m/s
場所:亀山ダム(亀山湖)/レンタルボート:つばきもと 12f

 

ボート桟橋とボートは放射冷却でキンキンに凍っていました。

 

今回の釣行は、スピニングリールをダイワ イグニス2004C(中古)に買い替えして
始めての釣行です。リールのイグニスには2.5lbラインを準備して来たので、
ディープでどう対応できるかを今回の釣行で試そうと思います。

 

水位は満水、透明度は薄濁りで1~1.5m程度でした。

 

<本日の釣行ルート> 
①白鳥島周辺 ディープ 7~13m
ロッドは「がまかつのラグゼ サーミス134S(先端のみソリッドタイプのUL)」に
イグニス2004Sをセットして水深10m前後をDSでスタートした。

 

白鳥島周辺にはボートが8艘ぐらい出ていた。
魚探に反応のある場所をDSで流すが、反応は無し。

 

今回も白鳥島周辺では、ポツポツと釣れていたが自分には全くアタリは無かった。
別のボートが釣っていたポイントは馬の背先のディープポイント水深10mでした。

 

10時頃まで白鳥島周辺のディープをDSで流すが、結局アタリ無し。

 

のむらボート方面に移動する。
竹藪下の立ち木エリア 水深7mをJHで流しているとJH(1/8)でアタリがあったが、
ラインが立ち木に巻かれ痛恨のバラシ・・・orz


②のむらボート周辺 ディープ 9~12m
水深7mのスタンプ周りをDSとJHでチェックするがアタリ無し。
水深10mの沈みオダをJHでチェックするが、アタリ無し。


③湖原橋・下地周辺 じいさんワンド→ばあさんワンド
岸際をスイムベイト・JHで流す。バスのアタリ無し。
水深8mのフラットをDSでチェックする。アタリ無し。


④本湖 水中島 林道下 水産センター対岸
水中島周辺水深2~7mの駆け上がりをDSで流すがアタリ無し。
林道下の駆け上がりをDSで流すがアタリ無し。
水産センターボート桟橋対岸のフラットをチェックするが、全くアタリ無し。

 

 
⑤白鳥島周辺
今回も14時過ぎから白鳥島に戻ってきてDSとJHで粘った。

 

15時頃から周りでポツポツと釣れ出した。すると前回釣れたポイントの近くで
今回もロッドが重くなった。軽く合わせると本日1本目24cmをGETする。
しかし、バスの余りの軽さにリールのドラグ性能を試せなかった。


本日終了。

 

<イグニス2004C(中古)のインプレッション>
軽くて非常に扱い易い、リールの巻き心地はスムーズでGood!!
巻き心地はTD-Z並か、ドラグ性能はTD-Xよりは良いかな?今後釣って確認しないと分からん。
ラインが2.5lbだったため、根が掛かると直ぐにラインブレイクで交換が面倒でした。


新しいリールでバスを釣ったが小さ過ぎた。

釣果写真1 本日1本目 24cm
イメージ 1