isybussバス釣り日記

今のところバス釣り日誌です。2020年3月にサウザー395(中古)購入後、主にボート釣行記やエレキ/リチウム電池使用(リチビー60Ah・エヴォテックSE-12100)使用記録など

亀山ダム(亀山湖)釣行 2009/12/8 1本 20cm トーナメント参戦

日時 : 2009/12/8(火) 6:30~14:00
釣果 : バス1本 20cm DS1本 バラシ1本
天気 : 晴れ時々曇り
気温/水温/風:0~13℃/ 水温11.5~12.5℃ /0~6m/s
場所/レンタルボート/ボート種類:亀山湖/おりきさわ/ローボート12

      おりきさわボート 平日WA(最終戦)第11戦 参戦

 

今回は朝5:45にボート屋に到着、既に7・8台以上の車が止まっていてカートの空きは数台 あったので、まだ暗いがカートを確保し直ぐにボートの準備をした。

 

桟橋とボートは霜が降りていて凍っていた。とうとう冬本番、今年の初霜だそうです。

 

前回の亀山釣行は11/20の小森カップ2009が以来だったので、今回もほぼ同じルートで ディープをメインに流す予定でした。

 

水位は50cm減水、桟橋周辺はアオ浮き草が多く透明度は50cm~1m程度でした。

 

<12月8日の釣行ルート> 
■①岩の上島
数日前の雨の影響で浮き草が多いため、朝一は岩の上島付近の浮き草の切れ目からスイムベイトでチェックした。アタリ無し。

 

サスペンドミノーで岸際を流しながら白鳥島へ移動する。

 

■②白鳥島 → 馬の背
しばらくミノーで岸際から水深2・3mのシャローエリアを流すが、バスのアタリ無し。

 

白鳥島の水深4・5mをDSで流すと直ぐにアタリがあった。本日1本目20cmをGETする。
1本目を釣り上げる際に寒さでリールのグリースが固着しているためか上手くドラグが掛からずにラインが一気に出てしまい手でスプールを押さえながらネットに取り込んだ。 (オフシーズンにイグリスのオーバーフォールが必要と思いました。)

 

続いて同じ場所で25cmぐらいを掛けるが、フッキングがあまくバラシてしまった。

 

この調子だと3本のリミットメイクは簡単に取れると思ったが、白鳥島では小さなアタリはあるが乗らないのが続いた。

 

■③のむらボート周辺 → まどか岬
前回の釣行で4本釣ったディープの水深4~6mをDSでチェックした。
ここでもアタリは1・2回あるがバイトまで至らなかった。

 

DSでは釣れないのでメタルジグに換えて流すが、メタルジグではアタリ無し。

 

このポイントで2時間ほど流すが、結局バイトは無かった。

 

■④じいさんワンド入り口 → 藤林立ち木エリア
アタリがあるが乗らないので、水深を7~10m程度までチェックして見た。
しかし、水深10m付近ではアタリが無かった。

 

立ち木の根元付近をDSでチェックするが、先客が先に釣ってしまったのかアタリ無し。

 

■⑤トキタ岬 → 柳島・水中島 → 水産センター対岸
トキタ岬の水深4~6mをDSとJHで軽く流すがアタリ無し。

 

柳島と水中島付近の水深4~7mをDSでドラッキングする。ここでもアタリはあったがバイトまで持ち込めず釣れなかった。

 

水産センター対岸の駆け上がりから水深7mぐらいをチェックすると、一度バイトがあったと思い合わせるとラインブレイクでした。

 

■⑥松下ボート桟橋 → 中ノ島
松下ボート方面に移動中に岸際の見えバスを探すと40cnクラスが1本ふらふらしていたが、透明度が悪いために直ぐ見失った。

 

押込橋付近から中ノ島までの水深5mぐらいをDSでドラッキングで流すが全く釣れない。 バスは何処に行った。

 

■⑦ホテル下ワンド → 水上ステージ跡
ホテル下ワンドからスイムベイトとスピナーベイトでシャローを軽く流してそのまま岸際を流しながら折木沢方面に戻り始めた。

 

アタリは全く無し。

 

途中、水上ステージ跡の水深5mぐらいをDSでチェックするがアタリ無し。

 

■⑧白鳥島
朝一に釣れた場所をDSで際チェックするがアタリは無くなってしまった。

 

■⑨長崎
魚探にフィッシュ反応がある場所をDSでドラッキングしたが、フィッシュマークはバスで無いのか 全くアタリ無し。

 

■本日終了。

 

検量結果は、朝一の1本(20cmぐらい)のみで155gでした。
最終戦も惨敗でした・・・orz

 

何故かアタリはあるが釣れず、なかなか上位には届きません。

 

DSでディープ中心に3本キーパーを取ってキッカーはスイムベイトや巻物系で釣りたいが、全く計画通りに行かないものです。

 

来年はマグレで釣れることもあるでしょう。

 

DSでのディープパターンが嵌らず、アタリはあるが釣れない。

トーナメント参戦の最終戦も惨敗に終わってしまった。

 

写真-1 本日の賞品 <川島賞> ジャンケン大会
イメージ 1

 

写真-2 本日の賞品 <横瀬賞(年間チャンピオン)> ジャンケン大会
イメージ 2

 

図-1 釣行ルートイメージ図
イメージ 3