isybussバス釣り日記

今のところバス釣り日誌です。2020年3月にサウザー395(中古)購入後、主にボート釣行記やエレキ/リチウム電池使用(リチビー60Ah・エヴォテックSE-12100)使用記録など

霞ヶ浦 2020/10/ 4 ノーフィッシュ釣果無し No.025

日時:2020/10/4(日) 6:40~15:30
釣果:バス0本 (Max  cm)ニゴイ50㎝
天気:曇り一時雨/気温18~25℃/水温21.5~22.5℃/風:0~4m/s
場所:霞ヶ浦/大山スロープ/サウザー395
距離:エンジン約32㎞、リチビー4号機約9㎞

2020/10/04 リチビー4号機 充電 1時間43分(使用前28.00V→使用後26.55V-メモリ残10)
2020/10/ ガソリン給油 20.0L (移動距離32㎞)

  にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ 

朝は5時半頃に駐艇場に来てボート牽引の準備をした。

6時半頃に霞ケ浦・大山スロープに到着すると、大山スロープ土浦側古渡側は既にトレーラーの付いた車で埋め尽くされていました。

仕方なくトイレの駐車場に車を止めて歩いて大山スロープの下見をしていると、監視員のおばちゃんが居たので大山スロープの混雑状況を聞く、監視ベスト着用・おばちゃんの話によれば今日はジェットスキーの3箇所の団体さんがジェット大会バーベキュー大会で非常に混雑しているとのことでした。

霞ケ浦大山スロープのご利用について~注意喚起~ | 美浦村公式ホームページ

また、JB/JBⅡ霞ケ浦チャプターでスロープに隣接する駐艇場のワークス大山弁天からチャプター大会へ参加しているようで、スロープには数台バスボートのトレーラーの付いた車も駐車してあり、バスボートの出船も多かった。


無料の大山スロープは、ジェット大会バス釣り霞ケ浦JB/JBⅡチャプターがある土日の利用は控えた方が良いと感じました。この混雑は勘弁してくれ・・・(>_<)

年間12,000円でボートを登録している利根川神崎スロープは空いていると思います。 

2020/10/4 釣行ルート

本日は霞ケ浦で初ボートなので、闇雲にボートで知らないエリアを周り釣るより、昔丘っパリでウェーディングしていてシャローの地形が少しでも分かっているエリアをボートで廻ることにしました。 

 霞ケ浦 西ノ洲・小袖ヶ浜・三次ドック沖合い

 西ノ洲の浚渫沖合で水深6~7mエリアでエンジンを止めてエレキで浚渫エリアを魚探掛けしながらシャローの水深1~2mへ移動して見た。ベイトは多いがワカサギボールのような小魚の魚探反応は無かった。

丁度、霞ケ浦チャプターのバスボート20~30台が西ノ洲沖合い方面を爆走して来ました。西ノ洲エリアにはバスボートが5・6台入り、JBボートは最新エレキでアンカーロックさせてポイントをしぼり釣りをしている様子でした。(しかし、バスを釣っているボートは1台も見ませんでした。)

西ノ洲の水深の浅いエリアは、トップ・ボイルトリガーやM-1とK1ミノーでチェックするがアタリ無し。

水深3~5mのブレイクは、ディープクランクとバイブレーションで流すがスレアタリがあるがバスのバイトは無かった。

水深3mに浚渫で出来たゴロタ石のポイントが有り、ベイト反応が出ているのでDSの2.5インチレッグワームを流すと本日唯一のニゴイ50㎝位が釣れました。

その後は西ノ洲浚渫跡をJHやライトキャロなどでチェックするがノーバイトでした。

小袖ヶ浜・6本杭エリアは、JBボートが2・3台いるが平山ドック近くの石積みエリアからエレキで移動して行った。

シャローの消波石積み内でゴロタ石が入っているエリアをミノーやライトキャロでチェックしながら移動した。シャローにはベイトが跳ねている様子があったがフィーディング等は全くなかった。小袖ヶ浜もノーバイトでした。

三次ドック沖合いは、浚渫3~5mのブレイクをクランクとバイブレーションで流してDSでフォローを入れた。

□小野川 古渡橋・新古渡橋周辺、水門、稲敷リバーサイド公園

昼過ぎに小野川方面に移動した。魚探の水深が入っているマップは、古渡橋までしか無く小野川は途中浅いエリアが有ったので、魚探を見ながらエンジンで徐行して移動した。

古渡橋下からエレキに替えて岸際の葦や杭などをネコリグやジグヘッドなどでチェックして行った。アルミボートの人が居て状況を聞くと石積みで1本釣れたとのことだった。

何箇所か水門があるとネコリグやキャロでチェックして見たがアタリは無かった。岸際はヘラ釣りやコイ釣りの人が多く、エンジン全開での移動は引き波が起きるので控えて移動した。

新古渡橋の板のある場所で、葦際でボイルが起こっていた場所があり、ノーシンカーやDSで粘るがノーバイトでした。

 霞ケ浦 西ノ洲・三次ドック沖合い

夕方になり風が3・4m/sになり状況が変わったかと考えて三次ドック沖合いと西ノ洲沖合いを入り直した。クランクやシャッドの早巻きでたまにスレアタリはあるが、ノーバイトでバスのアタリは無かった。 

魚探に浚渫エリアの等深線を入れているが、色分けしていないので水深4・5mの浚渫跡と思いきや1m以下のシャローエリアで、エンジンで0.5m以下を通り、ゴロタ石にペラを当ててしまった。スピードは出ていなかったため、釣り後にボートの下回り点検したところ、ボートの損傷は無くペラは曲がりませんでした。

ローランス魚探 HDS7とエリート9Tiの霞ケ浦・等深線マップ(GML形式無料)

湖沼データ・ダウンロードサービス | 国土地理院

■本日終了

 本日終了、本日は霞ケ浦で初ボートを出しました。

大山スロープは日曜日でジェット大会が3団体であるみたいで、朝6時半過ぎは既に満員御礼で非常に混雑しており、大山スロープ(古渡方面)から少し離れたトイレのある駐車場にトレーラーを停めることになりました。

今日は、クランクやバイブレーションではアタリはあるがスレが多くで、釣れたのはDSでニゴイ1匹のみでした。

バス釣り大会の霞ヶ浦チャプターでJBかJB2のボートも多かった。駐艇場ボート屋さんの情報では、チャプターも釣果は厳しくて釣れたのは18人(参加120名)とのことでした。

霞ケ浦は、昔は丘ツパリで良く来ていましたが、いつもと違うボートの釣行パターンなので、暫く霞ケ浦に通わないと釣れません。

Photo.1 朝6時半 大山スロープ・古渡側・満車m(_ _)mf:id:isybuss:20201004165829j:image

Photo.2 スタート直後の大山スロープ・古渡方面側
f:id:isybuss:20201005053444j:image

Photo.3 桟橋準備中のサウザー395f:id:isybuss:20201004165933j:image

Photo.4 サウザー395片付け後
f:id:isybuss:20201005053601j:image

Photo.5 サウザー395片付け後f:id:isybuss:20201004165841j:image

Photo.6 サウザー395片付け後 トイレのある駐車場f:id:isybuss:20201004205137j:image

Photo.7 古渡橋移動中f:id:isybuss:20201004170025j:image

Photo.8 西ノ洲沖合いエレキで魚探掛けf:id:isybuss:20201004170116j:image

 Photo.9 西ノ洲沖合いDSでニゴイ大王f:id:isybuss:20201004192251j:image

 Photo.10 リチビー充電後スタート前 28.00Vf:id:isybuss:20201004205105j:image

Photo.11 リチビー 釣行 約9時間後 26.55Vf:id:isybuss:20201004170154j:image

 人気ブログランキング
  にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ