isybussバス釣り日記

今のところバス釣り日誌です。2020年3月にサウザー395(中古)購入後、主にボート釣行記やエレキ/リチウム電池使用(リチビー60Ah・エヴォテックSE-12100)使用記録など

野尻湖釣行 2010/ 5/22・23 2本,3本 MAX39cm

日時 : 2010/ 5/22(土) 7:00~15:45
釣果 : バス2本 20・39cm ミノー2本
天気 : 晴れ時々曇り
気温:18~23℃/水温:15.0~16.5℃/風:0~5m/s
場所:野尻湖/レンタルボート:ほとり壮/ボート種類:V12 15PS

 

千葉から約360Kmを4時間掛からずに到着しました。
ほとり壮のレンタルボートは、対応が非常に良くボートを桟橋に係留するタイミングでは、 必ず1人が桟橋に来てくれてロープの補佐をして頂きました。

 

水位は満水、透明度は3m前後でした。
午後はボートの引き波の影響で濁りが赤土エリアで悪くなります。
1日目は薄曇でのち快晴でした。

 

<5月22日の釣行ルート> 
■①亀石 → 小舟瀬
亀石の小ワンドでK-0ミノーでスタートする。
同乗者のN君が幸先良くセイラ70でプリ25cmをゲットしました。

 

今回は透明度が良く岸際は3mぐらいまで見えたので、ボートは岸より離し水深7mぐらいにステイさせました。

 

岸際から5mぐらい離れた場所にK-0アヤヤを止めて置くと、黒い物体が後ろから追って来た。
軽くアクションを入れると本日1本目39cm(780g)をゲットする。K-0を丸呑みされました。

 

小舟瀬方面へ移動しながらキャストを繰り返したが、その後は20~30cmぐらいが1匹追って来たがバイトは無かった。

 

岸際の水深3~4mにはネストがあり40cmぐらいのバスが居たが釣らないようにした。
同時に別の3人組みのボートはネスト狙いで、ポツポツと釣っていました。多分、ネスト狙いであれば、釣果は5~10本ぐらいは釣れたと思われる。

 

■②砂間ヶ崎 → 樅ヶ崎
砂間ヶ崎の小ワンドをミノー流すと2・3匹バスが追って来たが、25cmクラスがバイトしたがフッキングがあまくバラシてしまう。アマ噛みで後ろのフックに皮一枚のような掛かり方でした。
何度か良型のバスは追って来るが、バイトは1回だけでした。

 

ワンドの水深3~5をDSで流すがアタリ無し。

 

樅ヶ崎の先10mぐらいでボイルがあったが、鯉なのか?ミノーやNSでは反応は無かった。

 

暫く流してミノーでまたバイトしたが、2度目のバラシ・・・orz

 

樅ヶ崎の岬先端でセイラ55sで本日2本目20cmをGETする。
岸際の岩下から出てきたようでした。

 

■③大崎
DSでドラッキングしたが、アタリ無し。
桟橋や橋脚の杭などミノーとDSでチェックしたが反応無し。

 

トイレ休憩でほとり壮桟橋にもどり、しばらく桟橋近くのシャローエリアをエレキで周るが、見えバスは見付からなかった。

 

■④カトリック教会 → 竜宮崎 → 寺ヶ崎
岸際のオーバーハング下をNSでチェックするがアタリ無し。
たまにバスはミノーやNSに追って来るが、一度見切ると二度と現れなかった。

 

睡魔が襲い1時間ほどボートの後ろで昼寝をした。

 

寺ヶ崎の赤土断崖下の倒れた木のエリアをNSで流すが、全くバスの反応無し。

 

■⑤亀石
亀石に戻ってまた直ぐに同乗者が1本NSでゲットする。

 

1本釣れたが、その後はまたアタリ無し。

 

■本日終了

 

天気が良過ぎたためか?バイトは5回で2フィッシュでした。

 

レンタルボートは1日目は水が30cmぐらい浸水していてビルジポンプをたまにチェックしないとバッテリーが水没しそうな状態でした。

 

1日目はミノーで2本でした。。

ボートのレンタル時間が16時で終わり、釣果が悪かったので丘っパリで補習をしました。
ほとり壮周辺の岸際をセイラミノー55sで1時間ほど流したが、バスは追って来るが
バイトは1度も無かった。

 

日時 : 2010/ 5/23(日) 7:00~15:30
釣果 : バス3本 25・25・34cm ミノー1本 NS1本 DS1本
天気 : 雨
気温:16~18℃/水温:15.0~15.5℃/風:5~8m/s
場所:野尻湖/レンタルボート:ほとり壮/ボート種類:V12 15PS

 

朝から南西の風が強く雨は8時ぐらいからずっと降っていました。
釣れそうな雰囲気はあったが、白波が発っていて厳しい釣行でした。

 

<5月23日の釣行ルート> 
■①亀石
1日目にバスの反応があったポイントを1時間ぐらいで周ることにした。
セイラミノーで倒木の近くを流すと数投目にアタリがあり、本日1本目25cmのプリバスをゲットする。カメラをデッキの下に入れ忘れていたため1本目の写真は無し。

 

その後、1時間ほど風が当たる岸際をミノーでチェックするが、釣れたのは1本のみでした。

 

■②樅ヶ崎
昨日数匹の見えバスがいた場所をミノーで流すが今日は反応無し。
ワンドの岸際をNS(バレット2.5in)で流すと本日2本目25cmをゲットする。

 

釣れたバスはワンドの水深3mぐらいの場所で、底にウィードが生えていて底の色が変わった場所から急に水面に出ました。NSは水面20~30cmのスロー引きで釣りました。

 

■③琵琶ヶ崎 → 水道局
岸際をミノーとNSで流すがバスの反応無し。

 

このエリアは倒木が何箇所かあり、コバスが釣れそうな感じでしたが、1匹も現れませんでした。

 

■④菅川
風があたる流れ込みのオープンエリアで少し違うパターンをチェックする。
K-1ミノー、ザッカーなどで水深2~3mを流すが反応無し。

 

全くアタリ無し。バスは何処にいるのか?

 

■⑤弁天島
風が強いので弁天島の風裏でDSを行う。
ボートが多いが1時間で5人ぐらいが釣っていた。

 

岸際のネスト絡みで釣れている人が半分、水深8mをライトキャロ?で釣っている人が半分でした。 釣れているサイズは30cm前後でした。

 

同乗者が35cmぐらいを1本釣った後に、周りでポツポツと釣果が出だしたタイミングでDSで流していると、レッグワームのDSで本日3本目34cmをゲットする。つれたポイントは水深3mぐらいで、DSのぽっとけで完全にワームが飲まれてしまいました。

 

その後も弁天島を端から端までDSとJHで流すが、小さなアタリがあったような無いような状況が続く。周りではポツポツと釣果は有りましたが、午後からは自分の竿が曲がることはありませんでした。

 

雨の為、15:30で早上がりとした。
■本日終了

 

今回の野尻湖釣行は1~2週間ほど早過ぎたのか?イマイチの釣果でした。
ネストは少なくコバスも居ない。それと一番の原因は2日目は風が強過ぎて釣りが出来ない状況でした。

 

バスは何処にいるのか?しかし、釣れない。

 

写真-1 本日の釣果
イメージ 1

 

イメージ 2

 

イメージ 3

 

イメージ 4