isybussバス釣り日記

今のところバス釣り日誌です。2020年3月にサウザー395(中古)購入後、主にボート釣行記やエレキ/リチウム電池使用(リチビー60Ah・エヴォテックSE-12100)使用記録など

ビート エアクリ交換 アーシング・ホット稲妻改

ビートのエアクリをヤフオクで落札したものに交換しました。

中古でビートを購入後、すぐにエアクリナーを純正品の新品に交換しました。エアクリはノーマルで乗っていましたが、ヤフオクで見つけた蜜ファンネル35mmを取り付け少々高回転で伸びがある感じになりました。

今回はエアクリを3年間(1万Km)使用したので、社外品のエアクリ中古(キノコ型)をヤフオクで落札したので交換しました。エアクリのメーカーは不明です。

取り付けは、ビート用のステン板ベースにφ120mm程度の穴が開いていてキノコ型のクリーナーを取り付ける物です。取り外したエアクリ(純正品)はオイルが染みていたので、キノコ型に変えた後はオイルが漏れないか?ちょっと不安があります。

取り付け後の感想ですが、ビートの場合エアクリが助手席の後ろにあるので吸気音がダイレクトに聞こえます。思った以上に吸気音が大きくなり、アクセル全開で踏むと爆音になってしまいました。

<アイドリング状態の音>
 ポカ・ポ・ポカ・ポ・・・・・・

<アクセル半開>
 ポ・ポ・ポ・ポ・ポ・・・・・・

<アクセル全開>
ボポボポボポ・・・・・・爆音です。

エアクリ交換でここまで音が大きいと、どうしましょ?

また、アーシングとコンデンサチューン(ホット稲妻改)をヤフオクで落札して取り付けています。
その他にマグネットチューンなど色々ありますが、あまり効果は???


写真-1 汚いエアクリ外観
イメージ 1


写真-2 蜜ファンネル35mm取付状態
イメージ 2


写真-3 ノーマルとキノコ型エアクリ比較
イメージ 3


写真-4 キノコ型内面
イメージ 4


写真-5 キノコ型側面
イメージ 5


写真-6 キノコ型エアクリ取付後
イメージ 6


イメージ 7




アーシングとホット稲妻改を取り付けました。

イメージ 8



< 交換は自己責任で行って下さい >