isybussバス釣り日記

今のところバス釣り日誌です。2020年3月にサウザー395(中古)購入後、主にボート釣行記やエレキ/リチウム電池使用(リチビー60Ah・エヴォテックSE-12100)使用記録など

亀山ダム釣行 5/23 18本 MAX46cm

本日、亀山ダムに行きました。
釣果:バス18本 18~MAX46cm(バラシ5本 ギル3匹)DS10本 NS8本

 

日時:2007/5/23(水) 5:00~17:30
天気:快晴
気温/水温/風:15~26℃/17.5~21.8℃/0~6m/s
場所/レンタルボート:亀山ダム/ツバキモト

 

ツバキモト・ボートの駐車場に4:50に到着すると既に6~7台が駐車していた。
平日なのでかなり空いている。直ぐに準備をしました。

 

亀山ダムの透明度は、少し濁っているように思いました。緒の川方面は1m、白鳥島・川口・長崎・折木沢1.5m、医院下・つぼりと2mぐらいです。
水位は-50cmぐらいで、オーバーハングの下へキャストはし易い状態でした。

 

今回はのんびり釣行と思い、TOPとシャロークランクでツバキモト・ボート周辺のポイント「白鳥島・竹やぶ下」でスタートする。
白鳥島のブッシュ周りに回遊のバスがいるが、ルアーには見向きもしない。

 

アタリが無く1時間で飽きてしまった。

 

結局、バスを釣りたいのでいつものセコ・ワームで流すことにしました。

 

<本日の釣行ルート>

 

①白鳥島周辺
ルアー TOP・シャロークランクで約1時間流す。
回遊バスはいるが、スレてしまっていてルアーでは釣れそうに無い。

 

②緒の川
久々に緒の川の行けるところ(最上流)までボートで流しましたが、濁りが有りあまり釣れませんでした。

 

③川口
いつも通りにDSとNSの落とし込みでバスを数本釣りました。
釣り方はバスが付いていそうなシェードを探しワームをキャストする。キャストはなるべく岸に落とすことを心がけ、活性が低い場合はワームの着水音は小さい方が良い場合が多い。着水音でバスが逃げてしまいます。バスがワームに反応する場合は、同じことを何回か繰り返します。バスが反応しない場合は、諦めたほうか良いと思います。
バスのボイルがある場合は、近くにルアー・ワームを落とせば直ぐに釣れます。

 

④折木沢ボート周辺
あまりこのポイントで釣りをした経験が無く、コバスはいるが大きいバスの釣り方が分からずに釣果はイマイチでした。

 

⑤長崎
丘ッパリの人が数人来ていました。あまり釣れませんでした。

 

⑥医院下
ギル・コバスが多い。コバスなら何十本でも釣れそうです。

 

睡魔が襲い、ここで1時間ほど昼寝zzz

⑦つぼりと周辺
NSで立ち木周りや流木の下をチェックしていると、40upバス5~6本の回遊バスを見つけました。
ワームの反応は余りありませんでしたが、親分らしい最大48cm程度が並んで回遊しているのでサイト・フィッシングで粘ってみることにしました。
48cmクラスは、ワームを1度くわえましたがフッキングに至らず残念ながら釣れませんでした。

 

粘って、今回の釣行で最大の46cmをゲリー・カットテイル3インチで釣りました。

 

その他30cmクラスの回遊バスは沢山いまいしたが、大物狙いで時間を潰してしまい ≪TheEND≫ です。

 

釣果写真-1

 

イメージ 1
*一部写真の乱れがあります。多分、デジカメ写真撮影後、直ぐに電源を落としたため?


ポイント つぼりと 

 

釣果写真-2

 

イメージ 2

 

釣果写真-3

 

イメージ 3