isybussバス釣り日記

今のところバス釣り日誌です。2020年3月にサウザー395(中古)購入後、主にボート釣行記やエレキ/リチウム電池使用(リチビー60Ah・エヴォテックSE-12100)使用記録など

亀山ダム(亀山湖)釣行 2010/11/ 7 3本 MAX36cm

日時 : 2010/11/ 7(日) 7:00~13:00
釣果 : バス3本 25~36cm ディープクランク2本 DS1本 バラシ2本
天気 : 曇り時々晴れ
気温:12~19℃/水温:15.5~16.0℃/風:0~3m/s
場所:亀山湖/レンタルボート:よりとも/ボート種類:ローボート12

        よりともボート オープントーナメント第11戦 参戦

駐車場に4時30分頃に到着する。先客は3台しか来ていませんでした。
取り合えず、道具を桟橋前に置いて車で1時間ほど仮眠を取る。
よりとも駐車場は徐々に車が増えて最終的には満車でした。

 

水位は満水、透明度は50cm~80cm程度で濁りが入りゴミ・浮き草が多かった。

 

<11月7日の釣行ルート> 
■①よりともボート対岸 水中道路
よりともボート桟橋周辺は薄濁りでゴミが少し浮いている状況で、ディープクランクがキャストできる状態だった。魚探で軽くチェックすると魚の反応があるので、15分ほど水深4~6mを流すがアタリ無しでした。

 

中層に浮いている魚をスピナベで狙うが反応無し、メタルジグで水深7~8mを流すが反応無しでした。

 

よりともボート島周りでは、ボートが約8台浮いていて、ワーム(DS・NS)で数匹釣れていました。
DSに変えて水中道路跡を流すとアタリがあったが、ギルorコバスのようなアタリでバイトしなかった。

 

しばらく水深3~5mをDSで流すと本日1本目25cm(220g)をGETする。直ぐに同じようなサイズを掛けるが、バラしてしまった。

 

30分に1回ぐらいのアタリはあるが、2時間粘って2バイト1フィッシュで移動する。

 

■②笹川入り口
表層にベイトの群れが回遊していた。表層をメタルジグで早引きしてベイトを散らしてバスのボイルを誘いながら探したが、魚探にはバスらしい影は映るがバスはアタリ無しでした。

 

軽めのJHで表層から水深1mぐらいをミドストで流すが、反応無しでした。

 

■③笹川中流
笹川中流に入ると岸際にはヘラ師がポツポツと釣りをしていました。

 

岸際のストラクチャーをスピナベでチェックしながら、笹川上流を目指した。
スピナベではアタリ無し。

 

水中トンネル周辺まで来るとバス釣りのボートが多かったが周りでは釣れている様子は全く無かった。
周りのボートはヘビキャロや岸際のNS・JHワッキーなどの釣り方が多くアタリも無いようなので違う釣り方をすることにしました。
9月頃は3m減水で水中トンネルが見えていたが、水位が満水で雰囲気が変わっていてポイントがイマイチ分からないため、水深3~5mの広範囲をディープ・クランクで流すことにすると直ぐにアタリがあった。

 

バイトして来たのは40cm(7~800g)ぐらいのバスだったが、ジャンプ一発でバラしてしまう。

 

アタリがあった周辺は水深3.3mで中層にベイトの反応があった。
ダイブ4.5~5.5mのクランクで水深3~4mを流すと本日2本目36cm(620g)をGETする。続いて本日3本目35cm(545g)をGETする。

 

■④どんどん → 広瀬
スピナベとシャロークランクで岸際を流しながら、広瀬までチェックするが反応無し。
岸際のブッシュや立ち木・倒木をJHワッキーで丹念に流すがバスの反応は無かった。

 

■⑤笹川中流
ディープクランクで2本GETしたポイントで、12時半まで色々な釣り方で粘ることにした。
この周辺はヘラ師が1台釣りをしていた。ヘラ師の竿が曲がるとヘラよりバスを多く釣っていたようでした。

 

DS、JH、ライトキャロ、SPミノー、クランクなど色々と6本ロッドをフル稼働するが、その後はアタリ無しで終わりました。

 

■本日終了
本日のウエイトは2本1165g(MAX36cm620g)でした。
今日はタフ・コンディションで皆さん苦戦したため5位に入賞してしまいました。
毎度のことですが、バラシが無ければ3位は狙えたので修行が足りないと思う今日この頃です・・・orz

 

次は11月20日 KOMORIカップ2010でリベンジします。

写真-1 本日の賞品券
イメージ 1

 

図-1 釣行ルートイメージ図
イメージ 2