isybussバス釣り日記

今のところバス釣り日誌です。2020年3月にサウザー395(中古)購入後、主にボート釣行記やエレキ/リチウム電池使用(リチビー24V60Ah・エヴォテックSE-12100・Renogy12V100Ah)使用記録など

亀山ダム(亀山湖)釣行 2010/10/ 3 3本 MAX36cm

日時 : 2010/10/ 3(日) 6:00~14:00
釣果 : バス3本 20~36cm NS3
天気 : 晴れ時々曇り
気温:13.5~22℃/水温:20.0~21.0℃/風:0~4m/s
場所:亀山湖/レンタルボート:おりきさわ/ボート種類:ローボート12

        おりきさわボート Lake-Blue 第6戦 トーナメント参戦

駐車場に4時半に到着する。店前の駐車場は満車で奥に止めました。

 

台風の影響で流木と浮き草の多いエリアがありました。風が吹くと流木と浮き草が移動して
キャストできるポイントが変わります。
水位は満水、透明度は50cm~1m程度で薄い濁りが入っていました。

 

<10月3日の釣行ルート> 
■①長崎
スピナベとクランク(レイクポリスRS-150)を交互に岸際を流しながら移動する。
朝の長崎周辺は流木と浮き草が多く岸際が辛うじて撃てる程度でした。スピナベで立ち木など フォールでチェックするが、朝一のアタリ無し。

 

■②白鳥島 → つばきもとボート周辺
白鳥島のシャローをクランクで流しながらベイトやフィーディングなどを探しながら移動する。
ベイトは溜まって回遊しているが、フィーディングは無かった。

 

つばきもとボート近くのアシ際近くでボイルが有り、NSをキャストすると本日1本目23cmを GETするが、ノンキーサイズなのでリリースする。

 

その後、フィーディングやボイルは単発で発生していたが、NS・JH・メタルジグ・ミノー・クランク など全て投げてみたが、バイト無しでした。

 

■③馬の背
先週は朝一に5本(15~30cm)ほどフィーディングで取ったポイントですが、水位が満水になり 透明度が薄濁りになってしまい、バスは見付らない。それでも、フィーディングは30分に1度ぐらいの ペースで起こるが、今日はバイトまで至らなかった。

 

NSで早引きをすると、黒い影は追って来るがチェイス無しでした。

 

■④トキタ岬 → 柳島 → 水中島
トキタボート桟橋をメタルジグのフォールで誘うが反応無し。
トキタ岬を魚探でチェックするとサーモラインが水深10mに映っているが、ベイトの魚探反応は 見付らない。取り合えずDSで水深2~7mぐらいをドラッキングするが、アタリ無し。

 

柳島のシャロー(ブッシュ多い)から水深5mぐらいをDS・ライトキャロで流すが反応無しでした。 シャローで見えバスも見付らず本湖を諦めて移動する。

 

■⑤まどか岬 → 野村ボート周辺・桟橋
まどか岬のアシ際でボイルがあるが単発で狙いきれず、岸際から水深5mぐらいをDSで流すが 釣れない。NSで岸際を流すとギルとコバスがバイトして来るが乗らなかった。

 

■⑥馬の背 → つばきもとボート周辺・白鳥島
馬の背の沖合いでボイルが単発で起こっていた。NS・JHでボイルを狙うが見切られてしまう。
先週は釣れた釣り方が今回は全く不発でした。追っては来るが食いが浅い。

 

岸際にNSをキャストし本日2本目のコバスをGETする。釣れるのはコバスばかりでした。

 

■⑦長崎 → おりきさわボート周辺
10時過ぎに長崎に戻って来ると流木が少なくなっていました。岸際にはヘラ師が多いので長崎の 岬から水深3~5mぐらいをDSで1時間ほどチェックするが、アタリ無しでした。
先週の台風前までは釣れたが、バスの居場所が変わったのか?アタリが無い。

 

長崎のワンド内シャローに入るとフィーディングがあった。しかし、ここも疎らで釣れそうに無いが、 もうやることが無いので、NSで次のフィーディングが来るのを只管待った。

 

すると20~30分ぐらいにフィーディングが起こるが、サイズが小さいバスもたまにフィーディング しておりなかなか難しい。水深1mぐらいのシャローでNS(リングワーム2.5in)をフォールさせると やっと本日3本目(36cm)600gをGETする。

 

しばらくポイントを休めて、おりきさわボート方面のシャローをクランクで1周するがアタリ無し。

 

■⑧長崎
残り1時間をフィーディング狙いで長崎のシャローで粘る。
しかし、長崎の公園でキャンプをしている人が一人泳いでいてポイントが死んでしまった。

 

少し離れた場所でフィーディングを待つが釣れない。
NSで早引きするとバスの追って来る影が見えるがバイトして来ない。

 

■本日終了
今日はキーパーサイズが25cmだったため1本のみのウエインで605gでした。
DSやライトキャロの底の釣りはアタリ無く。ボイルやフィーディングで辛うじて1本の釣果でした。

 

フィーディングはまだあるが狙っても見切られてしまい前回とは全く状況が違っており修正できずに トーナメント終了でした。

 

トーナメント終了後のジャンケン大会は2回ほど勝利しました。

 

フィーディングのバスはいるが釣れない。

写真-1 本日の商品
イメージ 1

 

写真-2 本日の釣果
イメージ 2

 

図-1 釣行ルートイメージ図
イメージ 3