isybussバス釣り日記

今のところバス釣り日誌です。2020年3月にサウザー395(中古)購入後、主にボート釣行記やエレキ/リチウム電池使用(リチビー60Ah・エヴォテックSE-12100)使用記録など

亀山ダム釣行 2009/ 1/24 2本 32cm 30cm

釣果:バス2本 32cm 30cm(バラシ1本) DS2本

 

日時:2009/ 1/24(土) 7:30~15:40
天気:曇りのち雪
気温:8~2℃/水温:7.3~8.0℃/風:0~7m/s
場所:亀山ダム(亀山湖)/レンタルボート:つばきもと 12f

 

亀山ダム(亀山湖)に到着すると、朝は暖かく今日はシャローで爆発しそうな雰囲気だった。
しかし、天気予報は大ハズレ、朝の気温が最高気温で午後から雨から雪になちゃいました。

 

水位は満水、透明度は薄濁りで1~1.5m程度でした。

 

<本日の釣行ルート> 
①白鳥島周辺 ディープ 10~12m
朝一は、取りあえずいつものポイント(白鳥島ディープ)をDSで流す。
すると幸先よく水深11mぐらいのストラクチャー絡みで、本日1本目32cmをGETする。

 

その後、ディープを止めて近場のシャローへ移動する。
つばきもとボート周辺のシャローで40cm弱の見えバスを発見するが、ルアーを投げる
こともできずにすぐに逃げられ見失った。
1時間ほど白鳥島・つばきもとボート周辺を流し、シャローに期待して緒の川方面へ移動する。

 

②つぼりと → 長崎・川口
ベイトロッドはインスパイア・ガゼルにTD-X105P 10lbフロロでチャターベイトを
引き捲くる。
チャターベイトで60を狙いつつ、少し飽きるとスピニングロッド テムジン・イレイザーに リール TD-X2506に5lbフロロをセットしてJHで岸際をチェックしながら移動する。

 

岸際ではベイトフィッシュの確認はできないが、長崎のシャローワンドに入り釣れそうな 予感がしてきた時、しばらくしてやっとアタリがあった。

 

しかし、今回も痛恨の合わせ切れ・・・、ラインブレイク・・・orz
5lbフロロをぶち切ったバスは、50upだったのか?

 

③緒の川
緒の川のインレットでも40cmぐらいの見えバスを発見するが、浮き草が多くて直ぐに 見失ってしまう。

 

チャターベイトとJH、スモラバのスイミングでバスのアタリを待つが反応無し。

 

④湖原橋・下地周辺 じいさんワンド
お昼頃になると雲が多くなり風が吹いてきた。
風裏を探してじいさんワンド内をチェックするが、前日の雨の影響で濁りが入っていた。
水温は8℃ぐらいあり高めでしたが、バス・ベイトフィッシュは確認出来なかった。

 

のむらボート付近の公園(草川原)アシ際ではベイトフィッシュの群れを見付けてJHと
NSを投げたが、バスは居なかった。

 

結局、アタリ無し。

 

⑤神社下
岸際をチャターベイトとJH、スモラバのスイミングで一発大物のバスを狙うが、全く反応無し。

 

天気が悪くなってきたので、早目に上がるか考えながら「つばきもとボート」へ戻って来る。

 

 
⑤白鳥島周辺・つばきもとボート周辺
13時頃に白鳥島周辺に戻ってきて、少しディープをチェックする。
すると、また直ぐに水深10mぐらいでアタリがあり、本日2本目30cmをGETする。
2匹目に釣れたバスは、とうとう亀山ダム(亀山湖)でも釣れたスモールマウスバスでは無く 小口なバスでした。

 

14時頃には雨が降り出してみぞれ交じりになり、最終的には大雪になった。
雪の中、ディープとシャローを代わる代わる撃ち捲くったが、アタリ無し。

 

本日終了。

 

シャローで1回アタリがあったが、ラインブレイクで終わった。
あれは50UPだった・・・鯉じゃないよな?

 

朝は8℃ぐらいあったのですが、片付けをした16時頃は雪のため2℃でした。
指はもう少しで凍傷に成りそうでした。
早く帰って暖かい風呂に入りてぇ~

釣果写真1 本日1本目 32cm
イメージ 1

 

釣果写真2 本日2本目 30cm(小口なバス、奇形?)
イメージ 2