isybussバス釣り日記(琵琶湖でFIRE生活)

釣りブログとリタイア後のFIREブログです。2020年3月にサウザー395(中古)購入し、2021年9月末に早期退職後、2022年4月から琵琶湖周辺にバス釣り移住した彷徨い人

利根川 2022/ 3/13 完全ノーフィッシュ サウザーNo.072、リチウム電池101回目

日時:2022/ 3/13(日) 7:50~14:10
釣果:バス0本、ノーバイト 
天気:晴れ薄曇り/気温10.0~16.0℃/水温10.5~11.0℃/風0~3m/s
場所:利根川/神崎スロープ/サウザー395
距離:エンジン約22㎞、リチビー4号機 約7㎞
エンジン移動距離 5Km+22Km  燃料補給なし

2022/ 3/13 リチビー4号機 充電50(前27.49V⇒後26.54V)メモリ残10
2022/ 3/14 レノジー5号機 充電1時間00分 魚探(102sv,Elite7Ti2,ライブスコープ)残79.50%

  にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

本日は7時前に駐艇場で久々にボートを牽引し神崎スロープに向かう。朝7時過ぎに神崎スロープに到着し準備を開始し、先客はバスボート8台で14時頃には数台増えて約10台位になっていた。

サウザーは3カ月振りの使用するので、トレーラーやエンジンなど車検と点検した機器について問題が無いか確認しながら準備、スタート時はアイドリングで暫く徐行して様子を見た。特にトレーラーやエンジンは異常無しで、気になっていたギアがニュートラルに入り難かった不具合はギアオイル交換で良くなっていた。

3カ月の期間が空いたのでエンジンスターター用でボイジャーリー鉛バッテリー(古い2017年製)の上がりが心配だったため、予備の鉛バッテリーを1個充電して持って行ったが、電圧は12.4Vでエンジン掛かりは1発でした。エンジンを慣らした後に巡行速度を35km/h~40km/hで走行し、ジェネレーター電圧14.4V~14.7Vで充電した。

本日のルートフィッシング

□神崎スロープ周辺 シャローフラット・水門 シャロー~水深3m

□神崎スロープ周辺 テトラ帯・流木 水深1m~水深7m

□国土交通省水門対岸 テトラ・杭エリア 水深1m~水深3m

□建設省ワンド内 島周り・流木 シャロー~水深3m

□建設省ワンド出口 シャローフラット・流木 水深0.5m~水深3m

□横利根川合流 シャローフラット・流木 水深0.3m~水深3m

□横利根川・水郷大橋 シャローフラット 水深0.5m~水深2m

□大利根東公園 テトラ帯・杭エリア 水深1m~水深5m

□神崎スロープ周辺 テトラ帯・流木 水深1m~水深5m

□神崎スロープ周辺 シャローフラット・水門 シャロー~水深3m

□国土交通省水門対岸 テトラ・杭エリア 水深1m~水深3m

本日終了

本日は昨年12月末振りにサウザー395ボートで利根川エリアを釣行しました。

琵琶湖用に購入した新しいロッドとリールを2セット試して何も無く終わりました。

神崎スロープは、いつの間にか駐車場が拡張工事しており、比較的混雑していたが駐車場にボート10台位出て釣れている様子は無かった。

14時頃にボートを片付けした後、ライブウェルの配線を使わないと思い外していたのを繋ぎ直して戻した。ライブウェルは荷物置き場にしていたが、意外とボート走行時やウネリなどで水が入り込み溜まりやすく荷物入れとしては使えなかった。琵琶湖で60UPを釣った際にライブウェルに入れて写真を撮って貰うため再利用することにしました。

エレキGHOSTのペラが一部破損していたので、2枚の羽根が同じ形でバランス良くなるようカッターで削って修理した。

f:id:isybuss:20220313151903j:image

f:id:isybuss:20220313151919j:image

f:id:isybuss:20220313151933j:image

f:id:isybuss:20220313151948j:image

f:id:isybuss:20220313152006j:image

f:id:isybuss:20220313152029j:image

f:id:isybuss:20220313152047j:image

f:id:isybuss:20220313152104j:image

f:id:isybuss:20220313152117j:image